くるくる模様の彫り方 

                            

    

   連続したくるくる模様の彫り方です。カーブが多い模様は彫るのに

   時間がかかりますが、できあがりがとても華やかです。

  (中心のバラの彫り方はありません。)   

                          

 <スポンサードリンク>



    

 *好きな色・形の石鹸でOKですが、円型の石鹸の方が向いてます。

 *写真の石鹸は、(株)マスターソープの「円型 青りんご」です。と

  ペリカン石鹸(株)のプチベリィ苺ミルクフレーバーです。                            

  やり方 】 

こちらは簡単な説明とやり方のポイントです。

 詳しいやり方は下の動画でご覧いただけます。

        

  1、石鹸のふちにS字型の溝を彫る。   


        

  2、S字型の溝のなかにナイフでギザギザを入れながら

   S字型の切込みを入れ、端で小さい丸をくり抜きます。

  ギザギザを入れるときはナイフを立て気味にして切込みを入れます。

  丸をくり抜くとき、穴が深くなりすぎるとキレイにくり抜けないので

  ナイフを丸の外側に少し傾けながら回してくり抜きます。   


        

   3、丸く切り取った部分の下にも切込みを入れます。

   小さい丸ですが、ここもギザギザを3回くらい入れながら

   切込みを入れてます。切込みを入れるときは、ナイフを少しだけ

   丸の中心に傾けながら、丸の下半分に切込みを入れます。   


        

 4、丸の下にもう一度ナイフを入れ、切込みの下の石鹸を

  抜き取ります。   


        

 5、1-4を1周くり返して模様をつなげます。

   S字のギザギザ模様や丸の大きさが全部揃うように注意しながら

   彫ってください。。   


        

 6、S字のギザギザ模様の下の部分にナイフを入れて、模様の下の

   石鹸を1周抜き取ります。

   つながったくるくる模様ができました。   

 <スポンサードリンク>



動画 この動画の後半13:00からがくるくる模様の彫り方です。    

  

                      Youtubeチャンネルはこちら

 

    

 <スポンサードリンク>

         

  普通、くるくるが側面に向くように彫ることが多いのですが、

   これは上から見えるように彫りました。↓

  (ピンクの石鹸のくるくるはやや横向きになってますが)

                    

★四角い石けんに彫る場合は、大きさを揃えてぐるっと1周つなげるのが

 難しいので上下のみに彫りました。↓

 くるくる模様と石鹸のふちに間を開けたい場合は、手前(石鹸のふち)を

 少し削ってから、くるくる模様を彫ってください。

 (グリーンの石鹸とラベンダーの石鹸は、くるくる模様と石鹸のふちに

 少し隙間が空いてます。)

  

   <スポンサードリンク>