花芯から彫るレリーフのバラ    


                               

                     

             

                     


       
 

  ※「花芯から彫るレリーフのバラ」は動画の説明もあります。

      → レリーフ彫りのバラ“動画”





    

 【主な材料と用具】

材料:せっけん(牛乳石鹸)

   カービングナイフ

    



  【作り方】




1

カービングナイフもペンのように持ちますが、

薬指か小指を石鹸に当ててナイフが滑ら

ないようにします。


 2

タイ・カービングでは、ナイフの刃は、手前ではなく 

自分と反対側に向け、ナイフは手前から向こうに

動かします。




  3

石鹸の表面は彫った時に崩れやすいし、

刻印などもあるのでナイフで削り取って、

平らに整える。


 4

【バラの花芯を作ります。】

石鹸の真ん中に印を付け、直径3cmくらいの円を

下書きする。

 (下書きは、目打ちとかつまようじなどで)




  5

ナイフを立てて石鹸に刺し、下書きにそって、

深さ1.5cmくらいの円い切込みを入れる。

(時計回りでも反時計回りでもかまわない。)

左手で石鹸を回しながら切込みを入れる。


 6 

円から少し離れたところから、少し斜めに

ナイフを入れ円の周りの石鹸を切り取る。

くるくる〜、と左手で石鹸を回しながら一周

ナイフを入れる。





 7 円の周りの石鹸を外す。


 8 石鹸を取り除いてるところ。





 9  

円柱の周りの深さを揃えるように、ナイフで削って

整えます。


10 

円柱の角をナイフで少し面取りする。

円柱の中に5等分の印をつける。






 11

花芯の円柱の根元の方からナイフを入れ、

薄くそぐように1枚目の花びらの切込みを

入れる。

花芯から花びらを切り離さない程度の深さ

にナイフを入れる

1周5枚の花びらを彫るが、それぞれの花びらが

少しずつ重なるため,花びら1枚は花芯の円周の

1/5より少し大きめにする。

  

 12

花びらの内側を削り取る。










13

2枚目の花びらを彫るところを滑らかに整える。




 14

1枚目の花びらの内側の途中から、2枚目の花びらの

切込みを入れる。

花びらは真ん中がいちばん高くなるように、切込みを

入れる。

 




  15

2枚目の花びらの内側の石鹸を削る。


 16 

同様にして3、4枚目の花びらを彫る。






  17

5枚目の花びらを彫るところはふくらんで

いるので削ってから、5枚目の花びらを彫る。


 18

花芯の花びらが5枚(1段)彫れたところ。





  19

1段目の花びらの内側を削って少し低くする。



 20

1段目と同様に1枚目の花びらを彫る。

1段目の花びらと花びらの間に2段目の

花びらを彫っていく。

  




  21

2段目の花びらが5彫れたところ。

また、中心を少し低く削って、3段目の花びらを

彫るところをきれいに整える。  


 22

同様にして、3段目の花びらを5枚彫ったところ。

(花びらは5枚でなくて、枚数を減らしてもよい。)





  23 

4段目以降は彫れるところまで、好きな枚数で

同様に彫ります。

     


 24

花芯が彫れました。



【外側の花びらを彫る】



  25

花芯の外側に花びらを彫る。

花芯の外側に5等分の印を付けておきます。

(1段目花芯の花びらの間に外側の花びらを

5枚彫ります。)

1枚目の花びらを彫る場所を少しへこませる

ように削ってなだらかに整えます。  


 26

ナイフを寝かせて、花びらの左の根元から、

半円のように花びらの形の切込みをいれる。

花びらの大きさは5枚で一周するように花芯の

周囲の1/5より少し大きめにする。





  27

花びらの切込みの下にナイフを横に入れ、

石鹸を削り取る。

2枚目の花びらを彫るところ(右隣)を少し

へこませるようにナイフで削って整えておく。


 28

1枚目の花びらに重なるように、1枚目の花びらの

下からナイフを入れ、また半円の花びら型の切込み

を横に入れる。

 2枚目の花びらの下にナイフを入れ、石鹸を削り

   とる。(↑写真)




  29

外側の花びらが2枚彫れました。


 30

同様にして、5枚の花びらを彫ります。

 (外側1段目)





  31

外側2段目を彫るのですが、花びらがより

開いた形にするために、1段目の周りの

石鹸を削りとり低くします。



 32

外側2段目を彫ります。

 2段目の花びらはそれぞれ1段目の花びらの間に

5枚彫ります。

 1枚目の花びらを彫るところ、(1段目の4枚目と

5枚目の間)を少しへこませるように、丸く削って

整えます。




  33

1段目と同様に、半円型の花びらの切込みを

入れて下の石鹸を削り取り、1枚目の花びらを

彫ります。


 34

1段目と同様に、1枚目と重なるように2枚目

の花びらを彫ります。




  35

外側2段目の花びらが5枚彫れました。


 36
花の周りに葉っぱを彫るので、ナイフで周囲を
平らに削って整えます。


【葉っぱを彫る】




  37

バラの下から出るように、石鹸の右下に葉っぱ

の形の切込みを入れる。

 切込みの線から少し離れたところから斜めに

ナイフを入れ、葉っぱの周りの石鹸を切り取る。
(ナイフは葉先の方からでも、反対から入れても

どちらでもOK)

  

 38

葉っぱの真ん中に縦に太い葉脈の切込みを

2本入れる。葉脈の周りの石鹸をナイフで

浅めに切り取る。






  39

  葉脈の左右に対称に3本ずつ、V字型の

溝の葉脈を彫る。

  

 40

葉先を上にして、葉っぱの周りがギザギザに

なるように左右に3つずつ、ナイフの先で小さく

V字型に切り取る。

 


  41

反対側にも、同じように葉を彫る。

 最初の葉っぱに重なるように彫ります。


      


 42

2枚の葉の間から出るように、もう1枚葉っぱ 

を彫ります。

バラの向こう側にも、同様に3枚の葉を彫ります。



  43

余白の部分の石鹸ナイフで削り取って、

なだらかに整えます。


 44

余白を全部なだらかに整えます。



  45できあがり。




バラのクリスタル石鹸            



 
                    

                       
■作成日:2009年7月                                      
■使用した石鹸:CHIFURE洗顔石鹸
■透明石鹸にソープカービングしました。透明石鹸は、模様が見づらい
  のですが、透けて見えるのが楽しくて好きです。