石鹸のリバッチ(再形成)   




 
  
                               

    

   ソープカービングをしたときに出るあまった石鹸のかけらを

   再び1つの石鹸に作り直すやり方です。

   (※リバッチとは、手作りの石鹸の作り方の1つで、石鹸を作ったとき、

   失敗したものや、小さなかけらになってしまった石鹸を再び

   石鹸の塊に作り直すことです。)

   そして石鹸をリバッチして作ったあと、実際にそれにバラの花と葉を

   カービングしました。

   このリバッチは、乾燥時間をいれなければ、1時間ほどでできる

   簡単なやり方です。

   ソープカービングの余り石鹸や失敗作をリサイクルして、

    またカービングするために考えた作り方です。

    そのため、普通のリバッチ法とは違う点があります。

                  

 <スポンサードリンク>



     

           【材料と用具】

     

 ・石鹸のかけら ・・・ 80g以上

 ・グリセリン・・・10〜15ml(小さじ2杯)、または透明石鹸15g

 ・水・・・30ml(大さじ2杯)

  (苛性ソーダは使わないので精製水でなくてもできます。) 

 ・グラニュー糖 ・・・8g(小さじ2杯)

    (上白糖の場合はやや多めにしてください)                  

 ・ボウル ・・・ステンレスか耐熱ガラスのもの

 ・おろし金・・・何でもいいのですが細かくおろせるもの。

     (写真のはチーズおろしで¥400くらいでした。)

 ・ココット皿・・・直径9cmのものを使いました。 

 ・スプーンまたはヘラ・・・固いものがやりやすいです。

 ・ラップフィルム

 補足

  ・グリセリンは薬局にいけばすぐに手に入ります。

   化粧品の材料になる保湿成分です。写真のは¥300くらい。

  ・透明の石鹸を使う場合、何色でもいいです。M&Pソープでなくても、

   透明の石鹸はグリセリンを多く含んでいて溶けやすいです。

   (※M&Pソープは溶かして固める手作り石鹸の材料の石鹸です。)

  ・ココット皿でなくても、紙のマフィンカップやケーキ型でもできます。

  ただ、紙のカップは使い捨てなので、何回もリバッチ石鹸を作ると

  したら、何回も使える入れ物のほうがいいと思います。

  <スポンサードリンク>
       

  【作り方 】     

   


  チャンネル登録

   

    

・それぞれ、白・グリーン・ピンクの石鹸をリバッチしてカービングしました。

 わたしは、単色で作りましたがいろいろ混ぜても綺麗な石鹸になりそうです。↓

        【リバッチしたときに気付いた点…など】

  軟らかくてしっとりした石鹸より、固くて乾燥した石鹸のほうが

   おろしやすいですが、細かい粉が飛ぶのでマスクをしたほうが

   いいと思います。

  砂糖を入れすぎるとできあがりが固くなります。

  (砂糖菓子みたいになってしまいます。)

  このやり方は大きめのかけらを再生したい場合に向いてます。

   細かい削りかすは、フードプロセッサーで粉状にするか、

   ビニールの袋に入れて、金づちなどで細かく砕くと同じように

   リバッチできます。ただし、ソープカービング目的でなければ、

   石鹸を粉状にしなくても細かくカットする程度でいいと思います。

   大きい粒(削りかす)のまま作ると、できあがりがムラになり、

   とてもカービングしづらかったです。

  元の石鹸が、乾燥していたらグリセリンの量を多めにしてください。

  直火(鍋に直接石鹸を入れる)でもやってみました。

   直火だと石鹸が粉状でなくても、できあがりの石鹸が滑らかになった

   のですが、匂いがすごいし、鍋に焦げつくのでやめました。


   <スポンサードリンク>

              

        ・グリーンの石鹸は(株)ペリカン・のどかギフトセット・

   あろえ石鹸から作りました。

  (固くなって彫れなくなった石鹸を使用。)