マーガレット    



 
  
                                         

       
       
使用した石鹸: 植物生まれのやさしい石けん

ポイント: 

白い石けんからマーガレットの花をソープカービングして、真ん中の花芯を黄色く

着色しました。

 石けんなのでもちろん、よい香りがついてます。この石けんはフローラル系の香りです。

お皿の上や、そのままお部屋に飾って、香りも楽しめるインテリア雑貨になります。

食用色素で着色してるので、後でそのまま石けんとして使っていただけます。

バスルームに並べて飾ってもいいと思います。

                                      




      

 〜 作り方 〜                

  

  【材料と用具】


   ・石けん

     (植物生まれのやさしい石鹸)

   ・カービングナイフ 

   ・フルーツナイフ

   ・V字型の彫刻刀

   


  
  

       【 @石けんからマーガレットの花を切り出す 】

   詳しいやり方はこちらのムービーでごらんいただけます。
 
    




1. フルーツナイフとカービングナイフを

使って、石けんを直径35ミリ、厚さ

10ミリくらいの円盤型に切り出します。





2.石けんの縁を、斜めに一周切り取り、

写真のような形にします。







3. 小さめのV字の刃の彫刻刀で花芯を彫り

ます。




4.花芯のまわりに1周目の花びらを8枚彫り

ます。





5. 一周目の花びらと花びらの間を少し

凹ませるように溝を彫ります。







6.一周目の花びらと花びらの間の石けんを

カービングナイフで花びらの形にカットします。

(2周目の花びら8枚になる)






7. 2周目の花びらをカットするときは、

2周目の花びらを持ちながらカットします。


*ポイント* 1周目の花びらは、薄いので

持つと壊れてしまいます。持って彫るために

2周目の花びらは厚めに作っています。






8. 2周目の花びらが8枚カットできました。











9. 花を裏返し、花びらと花びらの間に、

彫刻刀で線を彫ります。

(*この工程は、裏側で見えないので省略

してもかまいません。)




10.花びらの中にカービングナイフで、

細く線を何本か引きます。







11.マーガレットの花ができました。










 【 Aマーガレットの花芯に色を付ける 】
 
 詳しいやり方はこちらのムービーでごらんいただけます。↓
        



【材料と用具】


   ・ソープカービングした花

   ・黄色の食用色素

   ・筆

   ・水

   ・小皿

      

   ・(ペーパーナプキン・・飾るときに使用)

 【注】 着色に食用色素を使うのは、後で石けんとして手を洗ったりするのに使用
     できるようにするためです。 
     食用色素は、手作り石けんの色付けにもよく使われます。
     石けんとして使用せずに、飾って楽しむだけでしたら、水彩絵の具やアクリル
     絵の具などなんでもOKです。
 



1.食用色素を少量の水で溶きます。好みの

濃さにしてください。






2. 花芯を筆でそっと、なぞって色を付け

ます。 

一度にたくさん塗ると、液が流れて

他の場所に色が付いてしまうので注意。

それから、こすりすぎると泡立ってしまうのでそっと色をのせるようにしてください。






3.お花を飾るペーパーナプキンを用意。






4.ペーパーナプキンを折りたたんで、

はさみで半円形に切ります。







5. ペーパーナプキンを広げて、お皿など

に敷き、作ったソープカービングのお花を

並べます。




6. 

香り付きのかわいい雑貨のできあがり。

 

                       


        【 アレンジ例 】
   マーガレットの裏側に茎を挿し、葉っぱを付ければ、フラワーアレンジメント風に
   飾れます。
   その場合、最初に目打ちで茎を挿す穴を開けておいてください。
   石けんが乾燥すると穴があけられません。
   茎や葉の作り方はこちらのページをごらんください。→ バラのアレンジのやり方
       
       ↑このアレンジは、バラとマーガレットで作りました。マーガレットの花びらが長めになってます。   
植物生まれのやさしい石けん ラベンダーガーデンの香り(80g*3コ入)