バラとレース模様の石鹸   




 
  
     
         

   レース模様の彫り方を紹介するために彫ったデザインです。

  中心のバラを彫るところから説明しているので、レース模様の彫り方は

  「29」からになってます。 

    レース模様の彫り方は動画もあります。

                             



     
    

 【主な材料と用具】

   使用した石鹸:苺ミルクフレイバー

  用具:カービングナイフ

 


   



  【彫り方】


※ この石けんの「バラと葉っぱの彫り方」は、かんたんに説明しています。

詳しい彫り方はこのページをごらんください。

      → レリーフ彫りのバラの彫り方「動画」

     → 花芯から彫るレリーフのバラの彫り方

 




1【バラを彫る】  


 2 
 石けんの表面のロゴなどを削りとります。 中心の上に直径1.5〜1.8くらいの円を、
先の尖ったもので軽く下書きします。




3 

 4 
ナイフを深く入れ、下書きに沿って円い切込みを入れます。 円の3mmほど外側からナイフを少し傾けてさしこみ、
そのまま円の周りにナイフを1周回します。



5 
 6 

円の周りの石けんを抜き取ります。

バラの花芯になる円柱ができました。





7 
 8 

円柱の縁をナイフでまるく、削ります。

縁をまるく整えた円柱の上に、5等分の印を付けます。






9 
 10    

印を目安に5枚の花びらを彫ります。

写真は1枚目の花びらを彫ったところ。

花びらがそれぞれ少しずつ重なるように彫ります。

写真は4枚目の花びらを彫っているところ 。 



11
 12 

花びらが5枚彫れました。

5枚目は4枚目と1枚目の内側に彫ります。

同じようにして、内側にもう一周花びらを5枚彫ります。花芯ができました。





13 

 14
花芯の外側の花びらを彫ります。
花芯の周りを少し低くするために、ナイフで少し削りとります。
低く削ったところに、5等分の印を付けます。



15  
 16 

外側にも5枚の花びらを彫ります。

1枚目の花びらを彫るところを、ナイフで少し削
って凹ませます。

(花びらの内側になるところです。)

ナイフで削ったところの少し外側から、花びらの形のように、花芯の根元からU字型の切込みを入れます。




17 


 18 

切込みを入れた少し外側から、ナイフを立て気
味にして深く入れ同じようにU字型の

切込みを入れます。

花びらの外側の石けんを抜き取ります。





19  
 20 

外側1枚目の花びらが彫れました。

5等分の印を目安に、同じように2〜5枚目の花びらを彫ります。2〜5枚目の花びらは隣の花びらと少し重なるように彫ります。





21 

 22 
外側の花びらの周りを、ナイフで削り低くして平
らに整えます。

外側1周目と同様にして、2周目の花びらを5枚彫ります。






23 


 24 

外側に2周花びらを彫ったら、花の周りの

石けんをナイフで低く削り、平らに整えます。

葉っぱと茎を、軽く下書きします





25 
 26 

左側の葉、茎、右側の葉の順に彫っていき
ます。

2枚の葉っぱの真ん中に葉脈を1本彫ります。




27 

 28 
花の周りの石けんを同じ高さになるよう平らに
削って整えます。
石けんのふちに12等分の印を付けます。




29 

 30  
石けんのふちの12等分の印からさらに1cmほ
ど内側に印を12個付けます。
印と印の間にギザギザの形にを12回切込みを
入れます。
ナイフを寝かせて、ギザギザの切込みの周りの石けんを削り取ります。




31 
 32 
ギザギザ模様が彫れました。 ギザギザ模様の周りをナイフで平らに削って整えます。




33 

 34 
ギザギザの周りにレース模様を彫ります。
 ナイフを立て気味にして、細かく左右にナイ
フを動かしながら、細かい波型の切込みを入れ
ていきます。
 このやり方は、下の動画もごらんください。
ギザギザの周りにレース模様の切込みを1周入れたところです。
        
 



35 


 36 

レース模様の切込みの周りの石けんに、ナイフを
寝かせて1周切込みを入れます。
レース模様の周りの石けんを抜き取ります。




37 
 38 
レース模様が彫れました。 ギザギザとギザギザの間にもう1周ギザギザの切込みを12回入れます。




39 

 40 

ナイフを寝かせて、切込みの周りの石けんを抜
き取ります。

同じようにギザギザの周りにレース模様の切込みを1周入れます。




41 

 42 

レース模様の周りの石けんを抜き取ります。

 レース模様の周りの石けんを平らに削って整
えます。

先の尖ったもので、ギザギザのふちに沿って穴を開けていきます。







43 


  

レース模様の周りに余白があったら、アーモンド
型の模様を彫ってできあがり。

 余白が無くなってしまったら、彫らなくても
OK。


 

 

  〈スポンサードリンク〉