切り出しのバラ (外側から彫るやり方)

   ※右側の咲き始めの形のバラの彫り方です。


 




植物生まれのやさしい石けん」からバラを切り出しました。

「植物生まれのやさしい石けん」は、なんと3個で¥100です。

カードスタンドにしないで、このまま飾っても香りのインテリアになります。

■使用した石鹸:植物生まれのやさしい石鹸 ・メロンソープ

■その他:緑の石鹸で土台を作り、切り出しのバラを2つくっつけました。

     カードスタンドのパーツを挿してできあがり。        

     






    


       
 【主な材料と用具】
材料 植物生まれのやさしい石けん
   
   
   カービングナイフ
 


   



  【作り方】


1石鹸をフルーツナイフなどで、半分に切ります。
  


 2こんな感じで、外側の花びらから彫ります。







  3真ん中まで花びらを彫って、できあがり。
 


 



  黄緑の石けんで土台を作りました。
   こんなふうにくぼみを彫って・・・。
 白い石鹸のバラを、水を塗って土台に貼りつけます。
 (洗顔フォームなどを塗るともっと固定しやすい。)

  土台の空いている部分に葉っぱをカービングしました
      右上の花びらが開いている方のバラの彫り方はこちら。 
            →  切り出しのバラ(花芯から彫る)


        ←土台はこのメロンソープを使用してます。




【外側から彫るバラ】〜かぶを使った例〜



かぶ(石鹸でも同じ)をナイフでおまんじゅう型に整える。

 25枚の花びらを少しずつ重ねて彫ります。
花びらの形に切込みを入れてるところです。



花びらの切込みの下をカービングナイフで削ります。
次の花びらを彫る前に、矢印のところも削ってなだらかに整え
ます


 5枚目の花びらは4枚目の花びらと1枚目の花びらに重なります。




2段目(2周目)の花びらを彫る前にカービングナイフで
表面を平らに整えます。


 61段目の花びらと同様に、2段目も5枚の花びらを彫ります。
1段目の花びらの間に2段目の花びらをそれぞれ彫ります。




73段目の花びらも2段目と同様に彫ります。  

 8 横から見たところ。




9花芯の部分は、花びらが閉じていくようにするので、まる
く、面取りします。  


 10また、5枚の花びらを彫ります。花芯なので、ナイフを少し傾けて花びらが閉じる感じに彫ります。




11次の段の花びらは、3枚にしました。  

 12できあがり。
    花芯の内側は低くなるように彫ります。



        【食紅で花びらのふちに色を付けました。↓】   かぶは、彫る前に皮を全体的に剥いておきます。

     


 

                                                  Copyright(c) soapcarving-mizutama allrights reserved