ダリア A

ダリア@とは花びらを彫る手順が少し違います。        






      【主な材料と用具】
材料:せっけん(オレンジビューティーソープ))
   
 用具:カービングナイフ
    フルーツナイフ
 
   



  【作り方】



カービングナイフとフルーツナイフで石鹸をドーム型に整える。



 2横から見たところ。






  3花芯を彫る。 
   花芯は「ダリア@」の3〜13と同じにした。

 4花芯の周りに12等分の印を刻む






  5 花芯の周りの斜面を少し削って、低くする
 6 印の間に、花びらの形を切り込む



 7 花芯の外側の1段目の花びらの切込みを入れたとこ
ろ。 

 8花びらの切り込みの間に、やや深めにナイフを横に入れる。




 9 花びらの間の石けんを抜き取る。
 
10 2段目の花びらの切込みを入れる。(深めにしっかりとナイフを入れる。)




  
11花びらの先端か少し下から、花びらと花びらの間にナ
イフを横に入れ、花びらの間の石けんを抜き取る。

 12花びらの間に石けんが残ってしまったら、きれいに取る。




  133〜5段目も同様に彫る。
 14外側の花びらが5段彫れたところ。






  15花の下部の余分な石けんを切り取る。
 16 いちばん下の花びらの間を削り取る。






  17花の裏側を整える。
 18後で茎をさすので、真ん中に目打ちで穴を開けておく。





  19 全体の形ができた。 
 
   20 から見たところ。






  211段目の花びらの中にV字型の溝を彫る。
 222段目の花びらにもV字型の溝を彫る。






  233〜5段目も同様に溝を彫る。
 24できあがり。


   ※ ダリア@とダリアAは花びらにV字型の溝を入れる前の花びらの形が違います。↓



       ダリア@↑
       ダリアA↑


           ダリアのアレンジ↓
          


                                                  Copyright(c) soapcarving-mizutama allrights reserved