*     ダリア @  *

   V字型の溝がある三角の形の花びらがタイ・カービングのダリアの特徴です。
バラよりも簡単、と思われるダリアの花だけど彫り方はたくさんあります。
そのダリアの彫り方の中で、簡単で明解だと思うパターンの彫り方をアップしてみました。


          






      【主な材料と用具】
材料:せっけん(オレンジビューティーソープ)

   カービングナイフ
   フルーツナイフ


   



  【作り方】



1石けんをフルーツナイフで大まかに切り出し、カービングナ
イフでドーム型に整える。


 2横から見たところ。






  3カービングナイフをまっすぐ深く(1cmくらい)石
けんにさし、石けんの1/3弱の直径の円の切込みを入れる。

 4円の切り込みから少し離れたところから、ナイフを斜めにさし込み、円の周りを一周くるくる〜とナイフをいれる。






  5 真ん中の円柱をドーム型に整える。

 6 花芯になる(5)の周りにカービングナイフで12等分の
印をつけ、印の間に花びらの形の切込みを入れる。




 7 ナイフを寝かせて花びらの間を切り取る。
 8 花びらの間を取り除いてるところ。




 9 花芯の真ん中を低く削る。  
 
10 花びらの間にV字型の溝を入れる




  
11V字型の溝が彫れた.。
  

 12花芯の花びらの外側にもにもV字型の溝を彫る。





  13花芯のできあがり。
      ※これはダリアの花芯の一例です。

 14花芯の外側の斜面をナイフで削って少し低くする。






  15花芯の花びらに合わせ、花芯の外側に12等分の
印をつける。

 16 印の間に花びらの形の切込みを入れる。






  17花びらの切込みを一周入れたところ。
 18花びらから少し離れたところから、ピンクの線のようにナイフを入れ、花びらの周りを切り取る。




  191段目の花びらの周りが切り取れたところ。
 20外側の2段目の花びらの切込みを入れる。






  21花びらの周りを切り取る。
 22花びらが2段彫れたところ。






  23外側の3段目の花びらを同じ様に彫る。
 244段目も同様に彫る。





  255段花びらが彫れたところ。
 26下の余った石けんを切り取る。






  27一番下の花びらの間の石けんを切り取る。
 28裏側を整える。(後で、茎を挿すために、真ん中に目打ちで穴をあけてある。




  29外側の1段目の花びらの中にV字型の溝を彫る。
 302段目、3段目とV字型の溝を彫る。





  31V字型の溝が切り取りづらかったら、もう一度ナイフ
を入れる。

 324・5段目の花びらも同様。






  33 できあがり。
 。


    

                                                  Copyright(c) soapcarving-mizutama allrights reserved