カービングナイフなどについて 

よく使われるカービングナイフや彫刻刀についての説明ページです。

手の大きさにもよりますが、ソープカービングには刃が短い方が

やりやすいです。

〈スポンサードリンク〉


  カービングナイフ いろいろ 



 

 日本では古典ナイフとか上級者ナイフ

と呼ばれているカービングナイフ。

ソープカービングは、刃が薄くないと

できないので、このナイフを初めから

使ってもいいと思います。ただ非常に

刃が薄くて切れ味が良いのでケガに

注意してください。

 

 

  刃が極薄で、ステンレスではないので、良くしなるのが特徴です。

  (スイカなど大きいフルーツや野菜を彫るときには、しなった方が

 良いのでしょうが、石鹸を彫るときは刃先しか使わないので、「しなり」

 はあまり関係ない気がしますが。)

   ただ、同じような見た目のナイフでも素材や刃の長さ・厚みが

いろいろあるようです。

 左右対称のV字型の刃で、どちらが切れるのかわかりづらいのですが、

片刃です。

 カービング教室や講座などに行くと、みんなこのナイフを使ってました。

(ソープカービングの人もフルーツカービングをやる人も同じです。)

手作りのため値段が約\4000と高めですが、プロや上級者でないと使えない

ものではありません。

刃が薄いので、石鹸を彫るときにナイフがスムーズに進み、作品が

シャープで繊細に仕上がります。

キラキラしたアジアン風の模様が綺麗ですが、これはシールで長い間使って

いると剥げてきます。

好みの色や模様にデコレーションするのもいいですね。

〈スポンサードリンク〉




   

 タイのコムコム社のカービングナイフ。

 値段も手ごろで手に入れやすい。

 刃がそれほど薄くないので、細かい

ソープカービングは向いてません。

これと見た目が似ている他のメーカー

のカービングナイフもいろいろあるの

ですが、このタイプのナイフの中では

KomKom社のがいちばん刃が薄くて

彫りやすいようです。 

 とてもよく見かけるカービングナイフです。

初心者用と呼ばれることもありますが、そういうわけではなく、値段が手ごろ

で取扱店が多く手に入れやすいので、初めてカービングする方がよく使う、

ということだと思います。

 前の古典模様ナイフよりは、刃が多少厚いのですが、このナイフも市販の

フルーツナイフなどよりはずっと薄い刃です。ただ、ステンレスなので固いし、

しなりません。

 家庭で野菜やフルーツの飾り切りをするには十分だと思います。

 とても飾り切りがしやすいナイフなので、カービングをする人でなくても、

日常の料理用などにあると便利だと思います。

 もっと日本で普通に販売されるようになればいいのに、と思います。

 しかし、石鹸は割れやすいので、とても細かい模様や少し固くなってきている

石鹸はこのナイフでは彫りづらいと思います。

 上手い下手の問題ではなく、刃がそれほど薄くないので石鹸が割れてしまう

のです。

 ただ、極薄刃のナイフは非常に細くて危険なので、子供などがソープ

カービングする場合、このナイフかもっと安全なものを使っていただいた

ほうがいいと思います。




  

 こちらはタイのカービングスクールで

最初に使うナイフとしてよく使われている

という木製柄の軽いカービングナイフです。

 

 わたしが行ってたカービング教室の先生もタイのマリサスクールでこの

ナイフを買ってきていて、最初はこのナイフを使っていました。

 ただ、このナイフは、ソープカービングするには、刃が長い(5cmくらい)

と思います。

 それから刃の切る側がまっすぐでなく、内側に少しカーブしているので、

思った通りの線が引けず、 わたしは使いづらいです。

(野菜やフルーツを彫るのには大丈夫かもしれませんが…)

 とても華奢な感じのナイフです。


 

カービングナイフは他のナイフで代用できないの? 




  

 カービングナイフは何か他のナイフで代用

できないか?と思うかもしれません。

 カービングナイフは実店舗で取り扱っている

お店が少なく、最初から持っている人はほとんど

いないので、他の物で代用したい気持ちはよく

わかります。

 わたしも最初、カッターやアートナイフなどで試しました。

でも、たいていの工作用のカッターなどは刃が厚すぎるか、刃渡りが短すぎ

ました。

ただ、上の写真の「アートナイフ・プロ」は、刃がカービングナイフに近い

薄さで、刃の長さも他のカッターより長めなので、簡単なソープカービング

はできました。

(アートナイフ・プロで彫っているところです↓)

      

しかし、カービングナイフと刃の角度が違うのでとても彫りずらいです。

それに、このナイフも取り扱っている実店舗は少なくて、かなり大きな

文房具屋さんに行かないと置いてないと思います。

しかも値段が、カービングナイフより高い…。

(1300円くらいだったと思います。黄色のKOMKOMナイフは1000円くらい。)

もっと値段が安いアートナイフもあるのですが、どちらにしろ、そういった

ナイフでカービングの練習をしても、石鹸でしか使えません。

ソープカービングの良い点は、そのまま、フルーツや野菜のカービング

にやり方が応用できることです。カッターやアートナイフで練習しても

そういった利点がありません。

 もし、今このようなナイフをお持ちなら、ソープカービングを多少試して

みることはできると思います。

 



 カービングナイフの刃が長いとき…  




  

カービングナイフは基本的に野菜や

フルーツカービング用に作られてるので、

石鹸を彫るには刃が長いかもしれません。

刃の付け根に布などを巻いて持っても

よいのですが、ヤスリで短く削ることが

できます。

  




 写真は48mmの刃を42mmに削った

ところです。

カービングナイフを削るのに使ったのは、

 三角のダイヤモンドヤスリです。

(3枚目の写真)

 三角でなくてもいいけど、平らなほうが

削りやすいし、 もっと幅の広いヤスリの

方が削りやすいと思います。

  

 削るのは先端と刃の背の方にします。

 刃の切る側を削ると刃こぼれして

しまいます。



 ソープカービングに使う彫刻刀  




 

 簡単な作りの彫刻刀ですが、石鹸とか野菜とか

 軟らかい物を彫るので大丈夫です。

 波型の刃の彫刻刀で花びらを彫ると華やかです。


 



V字型とかU字型のは、木工用の彫刻刀でもいい

かなと、思うけど、波型の彫刻刀(ピンクの矢印)

はカービング用(タイ製)しか無いのではないかと

思います。

彫刻刀の使い方はこちらのページをご覧ください。

   彫刻刀カービング



                                                                                  Copyright(c) soapcarving-mizutama allrights reserved